ニュース

2012年12月18日 みなと新聞

阿部長商店 「三陸海幸彩 極」発売 気仙沼ならではのギフト商品

 阿部長商店(宮城県気仙沼市、阿部泰浩社長)はこのほど「三陸海幸彩 極」を発売した。フカヒレをはじめ、アワビやウニ、イクラ、子持ちメカブなど厳選した素材をふんだんに使ったこだわりの逸品だ。ギフト専用に開発したのは同社初の試みで、「気仙沼ならではの商品として、販促に力を入れていきたい」と阿部社長。
 「三陸海幸彩 極」は、同社グループのホテルの調理担当者がレシピを考案し、フカヒレやアワビ、イクラなど厳選した素材を、それぞれ独自の製法で味付けした。化粧箱入りで、内容量は350グラム。同社のホテルや、直売施設「気仙沼お魚いちば」の他、通信販売などでも販売する。今月に入ってネットに掲載したところ、すぐに注文が入るなど出足は好調という。