1. HOME
  2. 事業案内
  3. 水産事業
  4. 製造工程と技術力

製造工程と技術力

FISHRY DIVISION

製造工程と技術力

気仙沼、南三陸、大船渡、石巻に4つの工場と超低温の冷凍・冷蔵庫を保有。
三陸ブランドの高付加価値化を目指し、水産部門と観光部門が連携して商品の開発製造を行っています。


水鮮冷製造

とれたての旨味を生かすよう鮮魚を急速冷凍。超低温の冷凍・冷蔵設備で保管された冷凍魚を、開きや切り身にする一次加工を行っています。冷凍技術が革新的に向上したことなどにより、生食のおいしさを追求。国内だけでなく、世界の多様な魚食ニーズにも対応しています。


粉付製造

粉付三陸沖のとれたての旨味を生かすよう鮮魚を急速冷凍。魚の開きや切り身にする一次加工や、煮る・焼く・蒸す・炙る・干すといった二次加工による新商品を積極的に展開しています。特に脂がのった三陸産の旬の魚を、高度な加工技術と手作業による粉付けにより、からりと揚がったうまみ十分の竜田揚げやフライに仕上げています。


煮魚・トレー製造

ABECHOグループの商品の中でも特に定評があるのは、加工食品(トレー、パウチ)のおいしさです。水煮や味噌煮など、規定の時間内に工程を進めることで鮮度を維持しながら、容器に密封する際の窒素ガス充てんにより魚の脂質酸化を抑え、適切な加熱の温度帯により、レトルト臭のない、風味や食感を生かしたおいしさを提供しています。また、近年の「こ食(個食・孤食)」化にも対応した少量パックのトレー商品は、食べきりサイズでできたての味をお召し上がりいただけます。